立志館ゼミナールは、大阪府堺市に拠点をおく学習塾です。
  • Web申込
  • 資料請求
  • 個別相談

「学校はどうやって選べば良いの?」「中学受験は有利なの?」などの、中学受験に関わる様々なお悩みに、現役講師がお答えします!

中学入試と高校入試

高校入試は5教科ですが、
算国理の3科目を学習していれば、
どの私立中学校も受験が可能です。

中学入試は、受験科目を絞って対策することができるというメリットがあります。今現在、大阪府下の全ての私立中学校では、3科4科アラカルト入試(3科目で受験するか、4科目で受験するかを選べる入試)を取り入れています。つまり、3科目を学習していれば、どの私立中学校も受験が可能ということです。科目を絞って勉強をすることで、1つの科目に対して深く掘り下げることができるので、中学入試を通して、物事の本質の理解を追求する力や知的好奇心を、小学生の間から培うことができるのです。

中学入試について

私立中学には常に良い刺激
受けながら自分の目標に向かって
集中できる環境があります。

各中学校がそれぞれの教育方針のもと、様々な学習システムを備え、しっかりと生徒の成長を見守る万全の環境を整えています。
大学進学に向けての豊富なノウハウはもちろんのこと、一昔前と違い、勉強一辺倒ではなく、クラブ活動の活発な学校も多くあります。
また、それ以外にも留学やアクティブラーニングなど,私立中学校でしか経験できない様々な試みが用意されています。
何より、一人ひとりが受験を突破し、目標を持って入学してきているので、常に良い刺激を受けながら自分の目標に向かって集中できるという最大のメリットがあります。

志望校は、最適の学校を
一緒に考えましょう。

同じ難易度であっても、学校によって校風や雰囲気は大きく異なります。
立志館では、普段の授業の様子はもちろん、お子様一人ひとりとのふれあいの中で、成績や性格、ご家庭の教育方針など、様々な視点から、最適の学校を一緒に考えていきたいと思っております。
第一志望校への合格率は、ほぼ毎年90%を超える高い結果を残しています。また、どの学校にも合格しなかったという生徒もここ10年ほどは出ておりません。皆さんが志望した学校合格できるよう、講師一丸となって取り組んでいきます。

学んだ知識は体験となり、
新しい知的好奇心に
つながっていきます。

中学入試で学ぶ知識は、ただその中学校に合格するための知識ではありません。一人ひとりの今後の人生をより豊かにするためのものでなくてはならないと思っています。国語のテキストで読んだ文章をきっかけに、その作家を好きになる。理科で星座を習ったことで天体に興味を持ち望遠鏡を買ってもらう。社会で習った地理や歴史に興味を持ち、家族旅行で連れて行ってもらう等々。学んだ知識が体験になり、その体験が新しい知的好奇心につながっていく。中学入試をしたからこそ、様々なことに興味を持ち、自ら探求することができるようになっていくと立志館ゼミナールでは考えております。

中学受験を通して
「感謝の気持ち」を知り、
身も心も成長していきます。

現在の関西での私立中学受験率は、約9%と決して高くはありません。放課後に友達に遊びに誘われても「塾があるから」と断って通塾しなければいけない日もあります。ですが、この小学生の時期に、自分の目標に向かって信念を貫くという経験をするのは、頭脳だけでなく、精神面においても大きな成長を促します。中学入試には「しんどい」「我慢」などのイメージが根強く残っていますが、立志館を卒業した子供たちが口をそろえて言う言葉は「感謝」です。ずっとサポートしてくれたご家族、塾で一緒に学んできたクラスメイト、そして誘いを断った時に「そっか、塾あるもんな、頑張ってな!」と応援してくれた学校の友達。様々な人に支えられて合格できたんだということに感謝をしながら、立志館の子供たちは身も心もたくましく成長していきます。

教育方針

詰め込みの受験勉強は古い!
「まっすぐ生き抜く力を身につける」
中学入試を

授業では難解な問題をハイスピードで解き、宿題が山ほど出て、慢性的な睡眠不足に陥る。受験勉強のイメージといえばこんな感じでしょうか。確かに10年ほど前までは、このような学習方法がスタンダードだったことは否めません。しかし、立志館ゼミナールではこのような旧態依然とした学習法を一新し、子供たちに不必要な負担を負わせることなく志望校合格を目指せるカリキュラムを実践しています。まず、十分な授業時間を確保し、授業の中で、扱う単元の導入から定着までを図ります。その分、宿題はその日の授業内容を忘れてしまわないための必要最低限にとどめています。授業で習っていない内容や、到底こなしきれない量の宿題を出すことはありません。ですので、立志館では、日々の宿題を終えるのに日付をまたぐ生徒はいません。その代わり、一つひとつの宿題を丁寧にこなし、毎回の授業内容を確実に理解してくれています。厳しい中学受験を突破するために努力の積み重ねは必要ですが、睡眠時間を削られたり、リフレッシュする時間すらないような受験は果たして子供の成長につながるのでしょうか。合格した途端に「解放された!」と思ってしまっては、せっかくの中学入試が辛かった思い出になってしまうかもしれません。決して子供らしさを失わずに、そして入学した中学校でさらに頑張ることができる生徒を育てたい。立志館ゼミナールの中学入試は「まっすぐ生き抜く力を身につける」中学入試です。

入塾生募集中
速報
1ヶ月返金保証制度