立志館の特長

立志館ゼミナール館長からのメッセージ

立志館ゼミナール館長 中村 俊一

人生最初の重大な決断をした子どもたちを支えたい

私立中学受験を目指す子どもたちは、人生最初の重大な決断をしたといえます。もちろん、保護者のわが子の将来を思う強い気持ちがあってのことですが、受験を乗り越えていくのは決断した子どもたち自身なのです。多くの小学生が自由な時間を過ごすのを横目に、受験生たちは遊びたい気持ちをコントロールし、憧れの中学校合格という目標に向かって努力しています。時には立ち止まり悩みながらも、自分たちの道をまっすぐに進んで行く受験生たちの姿には感動すら覚えます。そんな受験生を全面的に支えたい。それが、立志館ゼミナール中学入試部スタッフ一同の熱い思いです。

私立中学受験のための学習は、小学生にとって、それまで経験したことのないほどの広い内容を持ち、深い理解を必要とするものです。それでいて、受験前に十分な復習の時間を確保するためには、学校よりもはるかに速いスピードで学習する必要があります。つまり、生半可な気持ちでできるものではないのです。それだけに素晴らしい指導者との出会いが必要です。私たちは受験生の『夢請負人』として、志望校合格のために最善を尽くさなければなりません。それが、立志館ゼミナール中学入試部に課せられた使命なのです。

立志館ゼミナール館長 中村 俊一