保護者の方へ

保護者の方へ

中学入試をお考えの保護者の方へ

保護者の方へ

子どもの幸せな人生を願わない親はいません。「子どもが持っている能力を伸ばしてやりたい。自分の幸福を自ら手にできる人に育ててやりたい。」
―どんな時代が来ても幸福な人生を自分で作り上げていける能力を持った子どもを育てたい。それが親心ではないでしょうか。

中学入試を通して、「やればできるんだ!」ということを体感し、人としても大きく成長することができます。

中学入試で学ぶ知識は膨大です。小学生の間にそんなに負担をかけて勉強をさせなくてもよいのではないか?
そのようにお考えの保護者の方も多いのではないでしょうか。中学入試は決して“苦行”=“苦しいだけのもの”ではありません。中学入試を通して得ることができる「やればできるんだ!」という達成感は、後の人生にとって、かけがえのない財産になります。どんな壁にぶち当たっても、身についた「やればできる」という姿勢は、人生を生き抜く上でどれほど役立つことでしょう。

中学入試は勉強を通して成長する子どもを見守れるチャンス。

中学入試をさせるか悩んでいらっしゃる保護者の方には、まずは規則正しく勉強をするきっかけとして始めてみてはいかがですか?とお話ししています。どの子も、最初はとまどいながら、学ぶことについていくのに精一杯です。しかし、頼りなく感じていたわが子が、やがて、今まで体験したことのない難しい問題を目の前にしても、すぐにあきらめてしまわずに「チャレンジしてみたい!」と意欲がわいてくるようになります。その成長の過程を見ることは、親にとってもとても楽しい経験になることでしょう。

「勉強って楽しい!」そう思える、自学自習のできる子どもに育てたい!

立志館ゼミナールは、高い指導力を持つ講師陣・考え抜かれた教材・効率のよいシステムの中で、中学入試を突破する上で必要な力をできるだけ塾内で仕上げ、自宅での負担を少しでも減らしたいと考えています。最初は慣れない180分の授業時間も、じっくりと学び何度も練習するうちに、学習するおもしろさ・できるようになる楽しさが感じられるようになります。そして、どんどん授業にのめりこみ、授業時間があっという間に過ぎると感じるようになるのです。講師陣もまた、子どもたちが知ることの喜び・解けることの達成感を得られるように、熱心に心をこめて伝えるよう日々工夫しています。その教科をおもしろいと感じた子どもたちは、その教科が好きになり、得意になります。そうなると、「自分で考え、自分で勉強する力」が自然と身につき、勉強することが楽しく感じられ、当然成績も伸びていくのです。

立志館ゼミナールのスタッフ一同は、一人ひとりのお子さまの人生においてベストとは何なのかを常に考えています。そして、わが子の将来を思い、時には不安や迷いを感じる保護者のみなさんも全面的にバックアップします。
さあ、子どもたちの限りない可能性を伸ばし、人生を自ら切りひらいていく力を身につけることができるように、中学入試の扉を開いてみませんか。

卒業生の声

『すべてはこの日のために』清風南海中学進学 T君

僕が私立中学合格を目指そうと思って立志館に入ったのは、4年生の4月からでした。4年生の授業は2月から始まっていたので、それまでの分を取りもどすのと授業についていくのとで、最初はとても大変でした。帰宅してからも夜おそくまで苦手な算数の宿題をしていました。夏ごろやっとみんなと同じペースになり、授業もだんだん面白くなってきて、学校の勉強より立志館の勉強の方が楽しくなってきました。
5年生になると授業時間が長くなり、算数特訓講座も受講し始め、五ツ木・駸々堂テストも本格的に始まるなど、受験に対する自覚も出始めてきました。6年生になると、友だちとの間で、どの学校を受験するかという話もちらほら出始め、僕も清風南海中学校に行きたいという思いが強くなり始めました。しかし志望校に合格できるための偏差値が、五ツ木・駸々堂テストでなかなかとれなくて、大変苦労しました。特に苦手な算数は、間違い直しノートを友だちよりたくさん使うことにより、何度も苦手なところをチェックして勉強していきました。そのおかげで自分の悪いクセを見つけることもできて、算数の成績も徐々に上がっていきました。
入試直前には、授業がない日でも立志館に行き、過去の入試問題を中心に、時間もはかって本番の入試さながらの気持ちで問題に取り組んでいきました。そして迎えた入試当日、とても緊張していましたが、立志館の先生にアドバイスしてもらったとおり、落ち着いて問題を解くことができ、悔いを残すことなく精一杯力を発揮することができました。
合格を知ったときの嬉しさは、今まで味わったことのないほどのものでした。今まで苦しかったことや、あきらめずにがんばってきたことは、すべてこの日のためにあったのだと実感しました。

保護者の声

中学受験をして、よかったですか?
『子どもらしい遊びの時間がほとんど持てず、お友達付き合いに悩んだこともありました。夜寝る時間も遅く、子どもらしくない生活に疑問を抱いたこともありました。でも、いつも高い目標を保持し、絶対にあきらめない子どもの姿に「一意専心」を学び、やり遂げた子どもを尊敬しています。』
立志館ゼミナールに入塾してよかったですか?
『少人数なので、生徒一人一人の性格まで理解していただけたこと、親のように子どもをしかってくださったこと。他塾では考えられないことです。本当に良かったです。』
受験を通して、お子さまは成長したと感じましたか?
『受験前夜、「早く試験を受けたくてうずうずする」と意欲を見せてくれました。精一杯努力してきたからこそ、こんな気持ちになれるんだと、のんびりマイペースな子どもの成長をうれしく思いました。』

※以上、受験後のアンケートより保護者のみなさまの声を抜粋しています。